肌のくすみが気になる!パープルの化粧下地が肌を明るく見せてくれるって知ってた?

いつも通り化粧をしても、肌がくすんだように感じた経験はありませんか。肌を明るくみせる為の化粧でも、使用する化粧下地によって肌の明るさは変わってきます。今回は化粧においての下地の重要性と肌のくすみ対策に有効なパープルの化粧下地の効果や使い方について詳しく解説していきます。

下地選びで困っている人は参考にしてみてください。

関連:化粧下地は混ぜて使うことができる

化粧下地一つで肌の調子は変わる

化粧をする際の大切なポイントの一つが化粧下地です。下地を使わないままファンデーションを使ってしまうと、ファンデーションが皮脂によって浮いてしまったり、隠しているはずの毛穴が逆に目立ってしまうなどの原因となることをご存知でしょうか。

化粧下地をしっかり使用することで、ファンデーションのノリが良くなったり、毛穴をしっかり隠すことができます。また、肌をファンデーションから守る役割もあります。化粧下地の大半はファンデーションの為の下準備用のものであり、無色透明のものから白色の色味のないもの、スーッと馴染むようなものからクリーム状のものまで様々です。

リキッドファンデーションのようなものも多数ありますし、日焼け止めと一体化しているものもあります。自分のコンプレックスなどによって使い分けることが大切です。シーズンによっても、皮脂を抑える効果が期待できる化粧下地もありますし、保湿効果をアップさせてくれるものもあります。

自分に合ったものを選ぶことが大切です。逆に言えば、化粧下地がしっかり濡れていないとファンデーションの皮脂浮きの原因になってしまうこともありますし、肌トラブルの原因になることもありますので注意が必要です。

カラーベースによって肌のコンプレックスを解消

化粧下地の中にはカラーベースと呼ばれるものがあります。使用する色味によって、肌のコンプレックスを解消することができるものも多く、自分にあった化粧下地を選ぶことが化粧全体の底上げになります。例えば、グリーン系の化粧下地は、ニキビ痕や肌の赤みを隠すのに良いとされていますし、ピンク系の化粧下地なら肌をパッと明るくしてくれる美白効果が期待できます。

イエロー系の化粧下地では、万能下地とも呼ばれるもので肌のトーンを均一にしてくれる効果が期待できる為、肌の様々なコンプレックスを解消してくれる下地と言われているのです。また日本人の肌質にも馴染んでくれるのも魅力の一つ。

さらに、肌がくすんでファンデーションのノリが悪いと感じている人におすすめなのがパープル系の下地です。パープル系の下地は肌をパッと明るくしてくれる効果が期待できるので、アンチエイジングにも最適。ハイライトとして使用することもできるの一つは持っておくと便利なカラー化粧下地の一つです。

自分のコンプレックスに合った化粧下地を用意しておくこと、また肌のコンディションによって使い分けるなど工夫をすることで化粧ノリを良くすることが可能です。さらに、カラーベースはプチプラのものも多数ありますので、チャレンジしてみて下さい。

パープルの化粧下地のメリット

パープルの化粧下地の最大のメリットは、くすみを解消し肌の透明感をアップさせることができることです。

カラーベースは肌のコンプレックスを解消するのに役立つと上記でも触れましたが、所有しているカラーベースを混ぜることで即席パープルの化粧下地を作り出すことが可能なのです。

例えば、ピンク系とブルー系のカラーベースを持っているなら、その2種類を混ぜてしまえばパープル下地の完成です。ピンク系の肌の色味を明るくしてくれる効果とブルー系の赤みをカバーしてくれる効果が合致して、肌全体の透明感をアップさせることが可能になると言うわけなのです。

肌の色を明るくするだけならピンク系のカラーベースのみの使用でも問題ないのですが、肌の赤みを隠したいという場合には逆に目立たせてしまう効果があります。ブルー系やグリーン系は肌の赤みを抑えてくれる効果があるのですが、逆に肌の血色を悪く見せてしまうといったデメリットがありました。

その点、ピンク系とブルー系のどちらの効果も併せ持っているのがパープル系の化粧下地というわけなのです。肌のくすみが気になるようになる30代以降の女性にも人気が高く、肌の透明感がアップする為、アンチエイジング効果も期待できると評判です。

ラベンダー色は万能下地

パープル系の下地を使用してみたいという人におすすめなのが、ラベンダー色と表記されている化粧下地です。

ラベンダーはブルー系の中にピンク系の色味が合わさっているものであり、効果的には赤みを消したりする効果がメインとなりやすいのですが、そこにピンク系の肌を明るくさせる効果がプラスされているので塗った後の肌の透明感が違います。

自分でラベンダー色を作ることができるのですが、その際にもブルー系の方を大目に取り、ピンク系の化粧下地は少な目に作るのがポイントです。肌の透明感がアップするだけで、実年齢よりもマイナス5歳は若返ると言われていますので、肌がくすんできたと感じたらチャレンジしてほしいカラーベースの一つです。

ラベンダー色のカラーベースは各メーカーから販売されていますので、一度試してみましょう。パープルベースの化粧下地はどのような肌色の人にも合いますが、イエローベースと呼ばれる黄色みがある肌の人が使用するとより効果を発揮してくれると言います。

パープル系の化粧下地の使い方

カーラーベースタイプの化粧下地の使い方は大きく2つの方法に分けられます。1つは肌全体に馴染ませる方法です。肌のくすみを解消したい時などには、肌全体に馴染ませる方が効果的です。その際に使用するものとしておすすめなのが、化粧下地とカラーベースが一緒になっているタイプのものを使用するということ。

このタイプですと肌馴染みも良く、スーッと伸びてくれるので塗りやすいといったメリットがあります。カラーベースのみの下地の場合、どうしてもテクスチャーが固かったり、馴染みにくいといったデメリットがありますが、化粧下地と一体となっているものの方が使用感が簡単です。

化粧下地をしっかり塗り込みたいと思うと大目に出してしまい、ベタベタな状態のまま塗ってしまう人がいるのですが、化粧下地は塗り過ぎるとファンデーションのノリに影響が出てしまいますので、パール1粒分程度を目安として使いましょう。

パープル系の下地は他の下地に比べて肌を明るくする効果が強いので、塗り過ぎると白浮きしてしまう可能性が高い為、塗り過ぎてしまった際にはティッシュオフするなど工夫してください。またカラーベースの場合は、部分使いにも適しています。

くすみが気になる部分のみに使用することで、肌全体の透明感をアップさせることが可能です。例えば、Tゾーンや目の下あたりに使用することでハイライト効果が得られます。くすみが気になる場所にピンポイントで使えるのもカラーベースのメリットの一つです。

この際には、別に肌全体に馴染ませることができる化粧下地を使用し、その上からパープル系の化粧下地を使用することがおすすめです。